アジアキーセンター

札幌及び札幌近郊・江別など出張いたします。カギ(かぎ・鍵)から警報機・防犯カメラまで、総合的に防犯対策いたします。当社で物件丸ごと防犯! 防犯設備士が防犯診断・ご提案いたします。カギ(かぎ・鍵)・鍵交換・鍵開け・インロック・合鍵・鍵修理・紛失鍵作製・鍵取付・鍵全般・不正合鍵対策・電気錠・警報機・防犯カメラ・センサーライト・入退室(出入)管理・ピッキング対策・錠取付・錠修理・リモコンドアロック・TVドアホン取付・防犯窓格子取付・防犯ガラス・金庫など、各種取扱。是非、お問い合わせください。日本ロックセキュリティ協同組合加盟店。

店舗オープン
防犯カメラセット
テレビドアホン激安特価
防犯カメラ専門サイトオープン

問い合わせ先
ローンで今すぐ防犯対策
総合防犯の勧め
オーナ様・管理会社様向けご提案
合カギ価格表
工事施工例集
高齢者安否確認
出入管理(入退室管理)
警報機
防犯カメラ
電気錠システム
テレビドアホン
建物周りの防犯
カギ(鍵)・錠について
キーレスシステム
幼稚園・学校の防犯
webカメラ
窓周り防犯
機器取付作業代行
会社概要
お問合せ(メール)
リンク集


当社人気ランキング
防犯カメラセット
ライン
ネットワークカメラ 第2位=ネットワークカメラ
LAN経由で接続されているPCから映像確認可能。もちろん、遠隔監視にも対応。
ライン
ビビィ
ライン
MUL-T-LOCK
ライン
カラーテレビドアホン
ライン



警報機
防犯と言えば警報機。侵入検知・威嚇・自動通報など、様々な機能を持たせたシステム構成が可能。
ライン

警報機 > 警報機システム例


ライン ローコスト警報システム

『威嚇防犯』の要=警報機

総合防犯の項で述べたとおり、防犯を実現するためには主に以下の2つの方法に大別されます。

『物理防犯』
・『威嚇防犯』=侵入を試みる前や直後に、音・光・映像記録・自動通報などによって、侵入そのものを事前にあきらめさせること。


ここでは、警報機器による「安全・安心・快適」な生活を実現するためのシステムをご紹介いたします。


警報システムの要点

侵入者を阻止するための警報システムに求められる要素をご説明いたします。

警報システムの役割は、「侵入者を検知」し「警告・威嚇・警報を発する」ことにより、「侵入を阻止する」ことです。出来れば、侵入そのものを発生させないことが望ましいですが、もし侵入された場合、被害を最小限に止めるため、自動通報システムや各種警報を組合せ、侵入者を撃退することを目的とします。

ポイントとしては-

検知範囲の設定=侵入経路を想定し、侵入検知が必要な場所を設定する。

機器の選定=設置場所や環境を考慮し、使用するセンサーなどの機器を選択する。

運用の策定=一般住宅、工場、教育施設、神社仏閣など、設置する場所により、運用状況を策定する。それにより、単純な警戒の設定・解除のみ、複数の運用方法の選択が可能なシステムの構築が必要かどうかを判断する。

警報システムは、建物などの構造や環境、利用目的などにより設計されます。従って、全てがオーダーメイドと言っても過言ではありません。

例えば、同じ構造の家でも、角地なのか両隣があるのか、単独で建っているのかにより、警戒の方法は変化します。

また、家族構成によっても変化します。共働きの夫婦のみの家庭と、高齢者がほぼ在宅している家庭などでは、警報システムの構成は大きく変わります。


警報機器の主な構成

【警報機制御盤】=警報システムの頭脳

・コントローラーなどとも呼ばれる。センサー類の接続には、有線式・無線式などがある。最近は、短時間で施工でき、インテリアなどへの影響の少ない無線式の機器が豊富になってきた。

・グレードにより、警戒のON/OFFの単純なものから、警戒モード(警戒する区域や方法などを選択できる=例えば外出モード/在宅モード)を指定可能なもの、警戒作動スイッチとの連動により、誰が何時操作したかを履歴で残すことが出来るものもある。

・自動通報機内蔵、または連動させることにより、電話回線などを使用して外部に連絡することが可能な機種もある。

【センサー類】=警報システムの感覚器 ※呼称と説明は、一般的な機種の主な仕様に準じています

・マグネットスイッチ=ドアや窓などの開閉を、磁石反応型のスイッチで検知するセンサー。最も多用されるセンサー。

・パッシブセンサー=検知範囲内の熱変化を検知するセンサー。

・赤外線センサー=赤外線照射部と受光部から構成され、光線の遮断を検知するセンサー。

・マイクロ波センサー=赤外線センサーと同じく、主にマイクロ波遮を検知するセンサー。直進性が極めて強いので、使用波長によって薄い壁裏に隠して設置できるものや、屋外で雨、雪、枯葉や鳥などが横切っても誤作動しにくいものもある。

・超音波センサー=主に、超音波の反射で対象物との距離を計測し、変化を検知するセンサー。

・ガラス破壊センサー=ガラスが割れた時に発生する超音波域の音(振動)を検知するセンサー。ガラス貼付タイプ、天井などに取り付ける集音タイプなどがある。

・ショックセンサー=器物への衝撃を検知するセンサー。自動販売機や、金庫などに使用されることが多い。

・圧力センサー=圧力の変化(人や車が踏むなど)を検知するセンサー。チューブ型やマット型などがある。

センサー類はその他にも多種類ありますが、侵入検知に使用されることが多い機種をご紹介しました。

警報機器で可能なこと

各種センサーや警報機制御盤、周辺機器などを組合わせることによって、侵入検知・阻止だけではなく、様々な利用法があります。

高齢者や体調不良の方などが、緊急通報したいときに利用することも出来ます。
一戸建て家庭用システム例
家庭システム例

上記の例は、ほぼフル装備に近い警報システムです。

・敷地内への侵入は、外周を赤外線センサーで監視。
・玄関付近には、防犯センサーライトと防犯カメラを設置。
・玄関には、警報機制御盤ON/OFF用非接触型カードスイッチを設置。(複製困難なカード)
・裏手には、照明付き防犯カメラを設置。
・ガラス窓付近には、ガラス破壊センサーを設置。
・集音マイクにより、防犯ビデオ(デジタルビデオ)に画像と音声録音。
・セキュリティ用スピーカーにより、侵入者威嚇。
・自動通報装置設置。
・2階にも、暗視防犯カメラ設置。
・バルコニー外周を赤外線センサーで監視。

大まかに、敷地を第1段階の区域、住居を第2段階の区域として警戒しています。

※上記の機器構成及び画像は例です。システム構成や設置場所により、使用する機器は変わります。施工には、現場調査及びお見積が必要です。

ライン

トップに戻る ホームに戻る




緊急工事価格表
ローコスト警報システム
超特価 カギ交換
クレジットカード
ライン


防犯とーさん &
にーさんブログ



ライン



更新履歴
2017/8/18
「合鍵価格表」追加




ライン

お客様の声
☆TVドアホン
中古マンションを購入したところ、音声タイプのドアホンでした。

その前まで住んでいたアパートはTV付きだったので、どこか安く交換してくれるところは無いかと探して御社に依頼しました。

他社で見積もったところ、製品代は安かったのですが工事費が高く、機種も「これがベスト」という風で、自分の売りたいものを押し付ける感じがしたのでやめました。

御社に相談したところ、いろいろな機種を紹介してくださり、最終的にアイホンの撮影範囲が広く録画機能がついている機種に決めました。

施工も丁寧で、少々の追加料金でコンセントの増設もしてもらい、大変満足しています。

来客だけでなく、外のモニターも出来るのがいいですね!

ライン

☆TVドアホン(録画機能付)
アパート経営をしています。

最近、空室が目立ち始め設備の更新を考えていました。

新築物件との比較をしたところ、エアコン・ウォシュレット・オートロック・TVドアホンなどの設備差がありました。

金銭面やその後のメンテナンス費用を考えると、TVドアホンが有効と判断しました。

立地から女学生が多い物件でしたので、防犯面からも有効と思いました。

貴社に相談したところ、侵入者はチャイムなどを押して不在確認をする場合が多いことなどを知りました。

防犯カメラ的な効果も狙って、録画機能付きのTVドアホンを採用しました。

既存入居者からも好評を得ることが出来、入居案内時も保護者の方から「安心だ」との声を頂きました。


ライン



☆防犯カメラ
小売店を経営しています。

なるべく店舗に在駐するようにしていましたが、新店オープンにあたり什器の商品管理等、常に目を配ることが不可能になりました。

知り合いの店舗オーナーから紹介を受け、貴社に相談してみたところネットワークカメラの提案をいただきました。

手持ちのiPadやノートPC、iPhoneなどからも画像を見ることが出来るとの事で、早速導入する事にしました。

事前に同等機種のテストカメラで画像を確認させていただいていたので、安心して使うことが出来ました。

実際、パートさんに在庫の棚出しや棚割りの指示を店舗に行かずに出来、想像以上に便利です。

また、各レジにも取付しましたが音声録音にも対応しており、お客様への応対トラブルにも活用でき、無用なパートさんへの叱責もしなくて済むようになりました。

レジでの金銭授受も券種まで分かるので、レジ締めトラブルも激減しました。(明らかに間違いは無いのに千円合わないことがありましたが、ドロワーの向こうに落ち込んでいた事がありました。)

余計な疑いを持たずに済んで大変ありがたかったです。




ライン



当社サイトに掲載しております画像・文・図等の無断転載はお断りいたします
Copyright(c) 2006. All rights reserved by ASIA KEY CENTER